Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用保証書を関係ない金融機関へファックス送信 - 鳥取県信用保証協会

鳥取県信用保証協会は、信用保証書の写しをファックスする際に送信ミスが発生したことを公表した。

金融機関へファックス送信する際に誤送信が発生したもので、信用保証書には、氏名や住所、補償額、保証期間連帯保証人の氏名などが記載されていた。同協会では誤送信対策として短縮ダイアルを設定していたが、誤って別の金融機関へ送信してしまったという。

同協会ではファックスを回収して廃棄し、関係者に対して謝罪。二次被害の報告も寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2009/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設