Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号モジュール認証制度のガイダンスを更新 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号モジュール試験および認証制度である「JCMVP」のガイダンスを更新した。

同ガイダンスは、暗号モジュール試験要件に関して、運用や解釈など説明した資料。試験機関やベンダーなどから寄せられた質問に対する回答を収録している。

今回の更新では、「FIPS140-2認証」を取得している暗号モジュールについて、JCMVP認証を取得する際に同制度の試験を再度受ける必要がない点に言及したほか、擬似乱数生成器の仕様について記載を追加した。

(Security NEXT - 2009/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加