Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール便を委託配達員が自宅に持ち帰り未達に - ヤマト運輸

ヤマト運輸において、委託配達員の持ち帰りが原因によるメール便の未達が判明した。

兵庫県内の事業所において委託配達員が、2007年12月から2009年7月に発送されたクロネコメール便2583冊を自宅に持ち帰っていたことが判明したもの。同社では顧客へ事実を報告して謝罪し、今後の対応を個別に相談する。

同社では2006年12月にも未配達が発覚している。同社では今回の再発を受け、品質管理業務の徹底や社内教育、職場環境の改善など対策を進める。

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

(Security NEXT - 2009/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず