Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に不正パケットでサービス停止のおそれ - 早急にアップデートを

ISCが提供するDNSサーバ「BIND 9」に、サービス停止の脆弱性が見つかった。セキュリティ専門家などがアップデートを呼びかけている。

サーバに対して不正な「Dynamic Updateパケット」を送信された場合にDNSサーバがサービス停止となる脆弱性が明らかになったもの。「BIND 9」すべてのバージョンに影響があり、サービス停止後はドメインネームの解決ができなくなる。

すでに攻撃コードも公開されており、NTTデータ・セキュリティが脆弱性の実証実験を実施、プロセスが停止することを確認している。すでに開発者や関連ベンダーより修正プログラムの提供も開始されており、適用を呼びかけている。

BIND
https://www.isc.org/software/bind/

Internet Systems Consortium
https://www.isc.org/

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開