Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難病患者の個人情報約5万件含むMOが所在不明に - 千葉県

市原健康福祉センターが千葉県の疾病対策課に宛てに発送した難病患者の個人情報含むMOが、所在不明になっていることが明らかになった。

紛失したのは、難病患者の個人情報5万869件が記録されていたMOで、患者の氏名、住所、電話番号、生年月日のほか、疾患名、医療機関名、重症開始基準日、保険種別、介護保険コードなどが含まれる。

市原健康福祉センターでは、7月2日に職員2人の立会いのもと、緩衝シートとダンボール片で保護した状態で特定疾患医療受給者票交付申請書類とともにダンボール箱に入れ、ゆうパックで発送したという。

一方疾病対策課では受領しておらず、紛失が判明した7日から9日にかけて捜索したが発見できなかった。郵便局にも確認を行ったが、郵送中の破損によりMOが箱から落ちるなどの事故は発生していないという。

同県では対象となる患者に説明と謝罪を行うとともに、今後不審な問い合わせなどが発生した場合には最寄りの保健所へ連絡するよう注意喚起を行うとしている。また今回の事故を受け、患者情報は職員が直接持参すること、および暗号化によるセキュリティ対策などを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2009/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市