Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統計調査対象の事業所名簿を調査員が紛失 - 大阪市

大阪市の統計調査の調査員が、担当調査区内の事業所名簿17枚を調査活動中に紛失した。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の、調査区内事業所名簿。68事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、本社/支所などの区別が記載されていた。

6月19日午前中、調査員が担当する浪速区内の事業所を回って調査の事前確認をしている際に、紛失したと見られている。同日午後、移動経路や訪問した事業所などを捜索したが見つからず、遺失届を提出した。同市では、すでに転出または廃業している23事業所を除いた45事業所に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省