Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統計調査対象の事業所名簿を調査員が紛失 - 大阪市

大阪市の統計調査の調査員が、担当調査区内の事業所名簿17枚を調査活動中に紛失した。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の、調査区内事業所名簿。68事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、本社/支所などの区別が記載されていた。

6月19日午前中、調査員が担当する浪速区内の事業所を回って調査の事前確認をしている際に、紛失したと見られている。同日午後、移動経路や訪問した事業所などを捜索したが見つからず、遺失届を提出した。同市では、すでに転出または廃業している23事業所を除いた45事業所に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も