Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統計調査対象の事業所名簿を調査員が紛失 - 大阪市

大阪市の統計調査の調査員が、担当調査区内の事業所名簿17枚を調査活動中に紛失した。

所在が不明になっているのは、総務省が全国の自治体を通じて企業および事業所を対象に実施している「経済センサス-基礎調査」の、調査区内事業所名簿。68事業所の名称、所在地、電話番号、経営組織、本社/支所などの区別が記載されていた。

6月19日午前中、調査員が担当する浪速区内の事業所を回って調査の事前確認をしている際に、紛失したと見られている。同日午後、移動経路や訪問した事業所などを捜索したが見つからず、遺失届を提出した。同市では、すでに転出または廃業している23事業所を除いた45事業所に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック
13年以上にわたる顧客情報の持ち帰りが判明 - 北海道信金
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
厚労省の「マイジョブ・カード」、別人情報が表示される不具合