Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、ISP向けフィルタリングソフトをリリース

デジタルアーツは、ISP向けにウェブフィルタリングソフト「i-フィルターforプロバイダー」の提供を開始した。

同ソフトは、サーバ側で処理を行うため、ブラウザ数に制限がなく、フィルタリングを行うことができるISP向けフィルタリングソフト。従来より提供している「i-フィルター Active Edition」によりさらにカテゴリ数を34から67へ拡大し、より細かいフィルタリングの設定が可能となった。

単語や記載内容を検索結果から排除する機能や、登録単語のブロックや伏せ字、個人情報の送信防止、ショッピングサイトにおける購入や掲示板への書き込み禁止といったフィルタリング機能を搭載している。

通信経路に設置する方式ではないため、サーバダウン時にもネットワーク接続を維持できるなどインフラへ影響を与えないのが特徴。さらに、アクセスサイトや検索単語によるランキング、ブロックの履歴など利用者ごとの利用状況を確認でき、ISPではオプションサービスとして提供できる。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加