Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

形骸化した一部のルールが、ルール全体の形骸化に向かう - トレンドの情報漏洩動向説明会

※本記事はメールマガジン「3分で読める! 今週のITセキュリティ」2009年6月19日号に掲載されたものです。

トレンドマイクロは16日、都内で記者を対象とした情報漏洩リスクに関する説明会を開催した。

2008年9月に発生した金融危機以降、世界規模で急速に経済が冷え込み、企業の経済活動はもちろん、雇用情勢など大きな影響を与えているが、今回実施された説明会は、こうした状況下において企業が直面する「情報漏洩リスク」について取りまとめ、解説した。

最初に説明を行った同社ソリューションビジネス推進部の横川典子氏は、国内企業の情報漏洩状況を紹介した。同社が2008年に実施した調査では、1年間で 9%が漏洩事件を経験したと回答。さらに13%については「わからない」と答えており、危険そのものを把握できていない現状があるという。

さらに漏洩原因の78%が内部によるもの。偶発的な事故が大半であるものの、不正持ち出しや内部犯罪といった意図的な犯罪行為も漏洩全体の約5%に上っている。

090622tm1.jpg
横川典子氏

(Security NEXT - 2009/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退