Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルール設定の影響を確認できるファイアウォール - 米McAfee

米McAfeeは、企業向けファイアウォール製品のアップグレードを発表した。信頼ベースの接続制御やファイアウォールのルール策定が及ぼす影響などを確認できる新機能が追加された。

「McAfee Firewall Enterprise」では、同社が収集した脅威情報などを活用し、接続先の信頼性や地域情報をもとに評価、制御することが可能。ファイアウォール上で「McAfee Antivirus」が動作し、悪意のあるコードからの攻撃を防御できる。

今回あらたに追加された「McAfee Firewall Profiler」では、ファイアウォールに設定したルールが、アプリケーションやセキュリティ状況に与える影響を確認できる。ルールの策定やトラブル解決などに活用することが可能。

またファイアウォール管理する「McAfee Firewall Enterprise Control Center」は、「McAfee ePolicy Orchestrator」による一元管理を実現。他環境との統合を実現し、効率的なレポート機能などを提供する。

さらに仮想化したファイアウォールを32台まで動作させることができるハードウェア「McAfee Firewall Enterprise 2150 VXアプライアンス」や、仮想化環境で利用できるソフトウェアアプライアンス「McAfee Firewall Enterprise Virtual Appliance」を用意した。

(Security NEXT - 2009/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出