Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年齢に応じた柔軟な設定が可能なフィルタリングサービス - KDDI

KDDIと沖縄セルラーは、ユーザーが自由にルールを設定できるフィルタリングサービス「EZアクセス カスタマイズコース」を、6月16日より提供開始する。

同サービスは、au携帯電話向けのフィルタリングサービス。規制カテゴリやウェブ利用時間帯が設定できるほか、個別のサイト閲覧規制も行えるなど、ユーザーが自由にカスタマイズすることで柔軟なフィルタリングが可能となっている。

一部ページのみアクセスを許可する「全規制」、および「小学生向け」「中学生向け」と3つの基本フィルタから、利用者の年齢に合わせて選択。基本ルール以外にも規制カテゴリが選択できるほか、規制したいサイトのURLが最大500まで個別に登録することが可能。

設定変更はパソコンやほかの携帯からも行える。月額利用料は105円で、2010年5月末までは無料で利用できる。

(Security NEXT - 2009/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加