Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DirectX」に脆弱性、ゼロデイ攻撃も発生 - MSがパッチを開発中

マイクロソフトは、「DirectX」に脆弱性が見つかったとして、アドバイザリを公開した。

「DirectShow」に脆弱性が存在し、細工が施された「QuickTimeメディアファイル」を開くとリモートでコードが実行されるおそれがあるもの。ウェブサイト経由で攻撃など行われる可能性がある。同社では「限定的」としながらも、すでに悪用コードによる攻撃を確認しているという。

同社によれば、脆弱性が含まれるのは、「Windows 2000 SP4」「Windows XP」「Windows Server 2003」で、「Windows Vista」および「Windows Server 2008」への影響は否定している。

同社は、脆弱性に関する詳細について調査を進めており、開発中のセキュリティ更新プログラムについて、定例外の提供も視野に入れ、対策を検討している。

Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/971778.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開