Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、複数ファイルサーバの統合管理やドキュメント保護を実現するソリューションを発売

野村総合研究所は、複数のファイルサーバを集中管理し、ドキュメントを保護するセキュリティソリューション「File Server Protector」を、6月1日より発売する。

同製品は、複数のファイルサーバをひとつのウェブアプリケーションとして統合し、ドキュメントの安全な共有や操作権限の管理などを実現するセキュリティソリューション。

Active Directoryとの連携により、ユーザー認証やアクセス権限管理の一元化が可能なほか、Word、Excel、 PowerPoint、PDFなど各種文書に操作権限を付与。閲覧や編集、印刷、保存、キャプチャなどが制御できる。

また、サーバへのアクセスログやクライアントPCでの操作ログを収集。問題発生時の証跡が容易になる。既存の環境に大きな変更を加えずに導入できるため、初期コストを抑えることができるという。価格は、最小200クライアント単位で年額利用料210万円から。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス