Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、複数ファイルサーバの統合管理やドキュメント保護を実現するソリューションを発売

野村総合研究所は、複数のファイルサーバを集中管理し、ドキュメントを保護するセキュリティソリューション「File Server Protector」を、6月1日より発売する。

同製品は、複数のファイルサーバをひとつのウェブアプリケーションとして統合し、ドキュメントの安全な共有や操作権限の管理などを実現するセキュリティソリューション。

Active Directoryとの連携により、ユーザー認証やアクセス権限管理の一元化が可能なほか、Word、Excel、 PowerPoint、PDFなど各種文書に操作権限を付与。閲覧や編集、印刷、保存、キャプチャなどが制御できる。

また、サーバへのアクセスログやクライアントPCでの操作ログを収集。問題発生時の証跡が容易になる。既存の環境に大きな変更を加えずに導入できるため、初期コストを抑えることができるという。価格は、最小200クライアント単位で年額利用料210万円から。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東