Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、複数ファイルサーバの統合管理やドキュメント保護を実現するソリューションを発売

野村総合研究所は、複数のファイルサーバを集中管理し、ドキュメントを保護するセキュリティソリューション「File Server Protector」を、6月1日より発売する。

同製品は、複数のファイルサーバをひとつのウェブアプリケーションとして統合し、ドキュメントの安全な共有や操作権限の管理などを実現するセキュリティソリューション。

Active Directoryとの連携により、ユーザー認証やアクセス権限管理の一元化が可能なほか、Word、Excel、 PowerPoint、PDFなど各種文書に操作権限を付与。閲覧や編集、印刷、保存、キャプチャなどが制御できる。

また、サーバへのアクセスログやクライアントPCでの操作ログを収集。問題発生時の証跡が容易になる。既存の環境に大きな変更を加えずに導入できるため、初期コストを抑えることができるという。価格は、最小200クライアント単位で年額利用料210万円から。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
「Emotet」の感染や個人情報流出調査を無償提供 - SHIFT SECURITY
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド