Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASP・SaaS事業者による医療情報の取扱ガイドライン」でパブコメ実施

総務省は、「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン案」についてパブリックコメントを実施している。募集締め切りは6月18日。

同案は、医療情報を処理するASPやSaaS事業者における安全性の確保について一定の基準を示すガイドライン案。総務省とASPICが合同で設立した「ASP・SaaS普及促進協議会」の「医療・福祉情報サービス展開委員会」において、医療情報の安全性や利用促進などを念頭に検討を進め、策定した。

医療情報は、取り扱いにおいてより高度なセキュリティ対策が必要とされ、従来より医療関係者は関連法規やガイドラインで安全管理措置が義務づけられている。一歩で技術の発展により医療関係者がこうした対応が困難だったり、医療機関ではないASPやSaaS事業者がサービスを提供する状況が生まれている。

今回のガイドライン案ではこうした現状を踏まえ、ASPやSaaS運営事業者が分担する責任や、安全管理における要求事項、契約や合意の考え方や注意点など取りまとめられている。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協