Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立高校の生徒指導要録紛失問題であらたな調査結果を公表 - 131人分の紛失が判明

複数の都立高校で生徒指導要録の紛失が判明した問題で、調査中だった3校の紛失状況が明らかになった。

都立高校9校において、生徒の指導要録が紛失および誤廃棄された問題で、都が4月30日に発表した時点では、そのうち3校については詳細な件数や紛失状況について調査中となっていた。その後、都では5月11日および12日に3校に対し事情聴取を実施。状況の調査を行った。

その結果、小岩高校41人分、駒場高校82人分、新宿山吹高校8人分が所在不明になっていることがわかった。3校では捜索を続けていたが、発見には至らなかったという。また、いずれも誤廃棄した痕跡は確認されず、校内で紛失した可能性が高いという。

都では、3校とも指導要録について定期的な点検を行わないなど管理が不十分だったとして、管理体制の強化を早急に実施するよう指導したとしている。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会