Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で市民サポーターのアドレスを流出 - 福岡市消防局

福岡市消防局は、「応急手当市民サポーター」の登録者100人にメールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態になったと発表した。

流出したのは、応急手当の指導者の資格を持ち消防職員と救命講習の指導を行う「応急手当市民サポーター」127人のうち、メールでの連絡を希望した100人のアドレス。

5月15日11時40分、メールのテスト送信を行った際、送信者全員のアドレスが表示された状態で送られた。原因は、送信の際の人的ミスだった。受信者からの連絡により、同日18時20分ごろ判明したという。同市では、対象となる市民に対し説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2009/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大