Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性に関する情報や危険度を表示するサイト - ソフテック

ソフテックは、OSやソフトウェアの脆弱性に関する情報を提供するサイト「セキュリティホール危険度 警告センター」を公開した。

同サイトでは、おもに企業がサーバで使用するOSやソフトウェアに関する脆弱性やその危険度などを「毎日のセキュリティホール・ステータス」として公開。そのほか、3カ月間の脆弱性件数や、そのなかで攻撃コードが確認されている件数などを表示する。

また、脆弱性が悪用された場合の影響を「情報漏洩」「情報改ざん」「業務妨害」に分類して表示するほか、セキュリティ状態を「晴れ」「曇り」「雨」のアイコンで表示する。

ソフテック
http://www.softek.co.jp/

(Security NEXT - 2009/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術