Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュアのウェブサーバに海外から大量アクセス - 一時公開を停止

エフセキュアのウェブサーバに対して大量のアクセスがあり、一時閲覧しにくい状態が発生した。

22日夜よりアジア地域から同社ウェブサーバに対して海外からの大量のアクセスが発生したもの。ウェブサーバを管理するキャリアのファイアウォールに対するアクセスも増加したことから、23日10時から14時まで一時的にウェブサイトの提供を停止した。

また再度アクセスが大量に発生したため、ウェブサーバを管理するキャリアがアクセスを遮断しようとしたところ作業ミスが発生し、同日17時から17時半にかけて再度アクセスできない状態が発生したという。

接続先は、同社セキュリティ対策製品「インターネットセキュリティ」の体験版だったことから、一時的にダウンロードによる提供を中止している。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト
不正アクセスでサイト改ざん、情報流出は否定 - 都立大
メールアカウントに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - ビーブレイク