Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自宅PC内にある顧客情報や機密情報を洗い出すサービス - KLab

KLabは、企業の従業員など、関係者自宅などにあるPC内の顧客情報や機密情報を検出する「P-Pointer自宅PC監査サービス」の提供を開始した。

同サービスは、個人情報検出ツール「P-Pointer」を利用して、従業員が自宅で使用しているPC内に存在する企業保有の個人情報および機密情報を検出する監査サービス。

利用者は、管理者から付与されたIDとパスワードを利用し、専用サイトからソフトをダウンロードして検索を実行。検索終了後に作成される「終了報告書」を管理者に提出することにより、機密情報の保有状況を確認できる。

個人情報は「氏名」「電話番号」「メールアドレス」など、機密情報は「社外秘」「Confidential」「会社名」など、同社のオリジナル辞書をもとに個人情報や機密情報の検出を行う。

初期費用が30万円。月額ライセンス費用が100ユーザーからで1ユーザーあたり200円から。価格は、7月末までの限定価格となっている。

(Security NEXT - 2009/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス