Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJカード騙るフィッシング攻撃が発生 - セキュアブレインが確認

セキュアブレインは、UFJカードを騙るフィッシング攻撃を確認したとして注意喚起を行った。

今回確認されたフィッシング攻撃は、メールとウェブサイトを組み合わせたもので、4月14日に同社へ報告が遭ったという。

問題のメールは「UFJ Card(Mitsubishi UFJ Financial Group)」という件名で送信されており、カードの期限が切れるため利用できなくなるなどと脅し、カード番号をはじめとする個人情報を入力させる手口だった。

メールは英文だが、誘導先となるウェブサイトは米国内でホスティングされているものの、日本語で記載。実在するUFJカードのデザインを利用しており、ロゴや内容も酷似していたという。

同社では、今後も同様の攻撃が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

090414sb.jpg
同社が確認したウェブサイト。本物に酷似したデザインとなっている。

(Security NEXT - 2009/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも