Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地上デジタル放送国民運動推進本部会合参加者のメールアドレスが流出 - 総務省

総務省は、情報流通行政局地上放送課において会合参加者など関係者へメール送信を行った際、メールアドレスが流出したと発表した。

4月10日19時半ごろ、総務省地上デジタル放送国民運動推進本部の「デジタル・サポート推進部会」における構成員候補者や事務担当者に対してメールを送信したが、操作ミスにより本来確認できない他受信者のメールアドレス20人分が閲覧できる状態になったという。

送信直後に同省職員が問題に気が付き、関係者に対して謝罪のメールを送信。メールの削除を依頼した。今後同省では、送信する担当者以外の職員が宛先を再度確認するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大