Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リアルタイムログ処理機能を搭載した統合ログ管理製品最新版 - 日本HP

日本ヒューレット・パッカードは、統合ログ管理ソリューションの最新版「HP Compliance Log Warehouse 2.0」を、4月20日より発売する。

同製品は、OSやデータベース、アプリケーション、セキュリティ機器など各種ITシステムのログを収集し、統合的に管理、蓄積、分析できる統合ログ管理ソリューション。サーバ「HP Integrity rx2660」をベースに、各種ログ収集アダプタやログデータベース、分析ソリューションをパッケージ化して提供する。

今回発売となる最新版では、リアルタイムのログ処理を実現する新機能「Real-time Event Correlation」を搭載。緊急性の高いイベントログをリアルタイムに処理することが可能となり、セキュリティリスクに迅速に対応できる。

また、レポートウィザード機能「Query Wizard Interface」やダッシュボード機能を追加。収集したログの分析レポートや監査レポートを容易に作成できるようになった。価格は1470万円から。

さらに統合ログ管理システムを構築するパッケージングサービス「CLWスタートアップ構築サービス」を同時に提供する。ログ収集システムの短期導入を支援するもので、ログ収集の対象サーバを10台、ログアダプタを5種類までと限定、サンプルレポートを5レポートまで提供する。価格は997万5000円から。

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド