Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を悪用する「Conficker」が依然として活発、あらたな亜種も脅威に - フォーティネット調査

フォーティネットジャパンは、2009年2月21日から3月20日までに同社セキュリティ対策製品や検知システムで観測したウイルスの状況について取りまとめ、公表した。

調査結果によれば、期間中に85件の脆弱性をあらたに検知した。前回の117件から減少しているが、依然として高い水準を保っており、そのうち16.5%にあたる14件について積極的な攻撃を仕掛けられているという。

脆弱性に対する攻撃の量をまとめたランキングでは、前回と変わらず「Trojan.Storm.Worm.Krackin.Detection」が全体の62.2%を占めており、検出率が1桁台の2位以下に大きく差をつけ、トップに君臨している。

WindowsのServerサービスの脆弱性「MS08-067」を悪用する「Conficker」も、前回と同じく4位にランクインするとともに、あらたな亜種「W32/Conficker.C!worm」も検知された。

同亜種は、セキュリティ対策を無効にするほか、同社をはじめ、セキュリティベンダーなどの特定ドメインや、Windowsアップデートをブロックするなどさまざまな不正活動を繰り広げるため、同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2009/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件