Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新入社員狙うサイバー攻撃に注意 - 「新生活応援」騙るスパムも

G DATA Softwareは、新入社員を狙う攻撃が発生しやすい時期を迎えたとして注意喚起を行い、セキュリティ対策を呼びかけている。

ドイツなど海外では1年中採用が行われているが、日本国内では4月1日に入社式が集中する傾向があるため、同社では、クリスマスやバレンタインデーといったイベントと同様に、サイバー攻撃の対象となるおそれがあると指摘している。

こうした攻撃増加の予兆について、同社では2年ほど前から把握しており、すでに今年も3月31日に新入社員を狙ったと見られるスパムメールを確認している。問題のメールは「新生活応援キャンペーン実施中!」といった件名で送りつけられていた。

同社では、新生活を送る社会人に対して7種類のセキュリティ対策を推奨。また宴会や花見でパソコンを持ち歩く際など、ノートパソコンの置き忘れや盗難などについても注意を呼びかけた。

同社が挙げている7種類の「新生活のためのPCセキュリティ対策」は以下のとおり。

・データのバックアップおよび重要データの暗号化
・パソコンのウイルススキャン
・USBメモリや外付けHDDに対するスキャン
・WPAによる無線LANの暗号化
・メールの添付ファイルやリンクへの注意
・ネット通販、オンラインバンキングの詐欺サイトに注意
・ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティソフトの利用

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介