Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け製品の「スパイウェア検索エンジン」を機能強化 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、機能を強化した「スパイウェア検索エンジン 6.2」を、企業向け製品へ順次提供開始する。

今回のバージョンアップにより、誤警告を防止するため「Autorun.infファイル」のデジタル署名チェック機能が実装。またルートキット対策ドライバとの連携を強化しており、ロックされたファイルの削除機能を強化した。

同エンジンの配布時期は、「Trend Micro Control Manager 3.5」および「同5.0」が4月14日、「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」「同5.1」および「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0 Service Pack 1」については4月16日より、製品のアップデート機能を通じて提供する予定。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック