Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトのマルウェア感染を検知するSaaS型サービス - GMO-HS

GMOホスティング&セキュリティは、ウェブサイトのマルウェア感染をリモートから診断するSaaS型サービスを4月上旬より開始する。

同サービスは、サイバー攻撃などにより、企業が運営するウェブサイトがマルウェアへ感染していないか、リモート環境から検知を行うサービス。感染を確認した場合は、問題となるページを特定して利用者へ通知する。

今回同社では、サービス提供にあたり、ワールドワイドで検知サービスを展開している米Armorize Technologiesと提携したという。

月額利用料は2625円から。また最大3カ月まで利用できる無償版も用意する。

(Security NEXT - 2009/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス