Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア太平洋地域向けに証明書販売サイトを開設 - GMOグローバルサイン

GMOグローバルサインは、アジア太平洋地域を対象とした電子証明書の販売サイトを開設した。

従来より同社では、中国や韓国において現地法人や代理店を通じて電子証明書の販売を行っているが、今回アジア太平洋地域向けにウェブサイトを設置することで、サービス提供国の拡大を目指すもの。

企業認証SSLの提供については、国ごとの認証プロセスの整備が必要となることから、同社では手始めにオーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール向けに販売し、今後提供国の拡充やEV認証SSLへの対応など進める。またプロセスが未整備な地域に対してもドメイン認証SSLを提供する。

対応言語は英語で決済通貨は「円」。同社では今後各国の言語や通過による決済へ対応するため、システムの整備などを予定している。

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス