Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - ソフト開発会社

データベースやアプリケーションの開発および販売を展開するクエスト・ソフトウェアにおいてメールの誤送信が発生し、顧客のアドレス271件が流出した。

同社によれば、2月13日11時50分ごろ、同社主催セミナーの案内メールを配信した際、送信先アドレスを誤って「CC」に設定して送信。これにより、同社へ資料請求を行った顧客やサイトからセミナー参加登録を行った顧客など、個人のメールアドレス271件が表示された状態で送られた。

同社では、対象となる関係者に対し説明と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を求めた。また、再発防止など今後の対応状況についてホームページ上で報告するとしている。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害