Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯サイトの登録画面に不具合、個人情報が流出 - ハンゲーム

NHN Japanは、同社が運営する携帯電話向けサイト「ハンゲ.jp」で個人情報の流出事故が発生したことを明らかにした。

同社によれば、1月5日から2月9日にかけて同サイトの認証用ウェブページにおいて、閲覧している利用者とは関係ない別の利用者に関するIDやメールアドレスが表示される不具合が発生したという。

同サイトでは、ユーザー登録時にランダムの仮IDを発行した上で、認証処理を実施するが、設計上の問題から一部で仮IDを重複して発行したため、不具合が発生した。同社によれば、誤った情報のまま認証をしようとした場合はエラーとなるため、誤登録は発生しないと説明している。

同社ではすでに復旧を終えているが、今回の影響で不具合が発生したケースは399件に上るという。同社は被害を受けたユーザーに対して謝罪のメールを送信し、500円分のウェブマネーを提供する。

(Security NEXT - 2009/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性