Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシングサイトやブランド悪用は減少 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、2008年11月のフィッシング情報の届け出状況について取りまとめ公表した。

11月のフィッシングメールの届け出件数は15件で前月より2件増加し、1年間の平均を上回る水準だった。一方でフィッシングメールやフィッシングサイトについては減少し、いずれも6件。ブランドが悪用された企業も前月の10件から半減し、5件だった。

英文のフィッシング攻撃としては、従来より発生している「Google AdWords」をはじめ、ドメイン登録事業者「Enom.com」や「PayPal」を偽装した攻撃が発生した。

また日本語による攻撃としては、「Yahoo! オークション」のほか、ジャックスやオリコなどクレジットカード会社を名乗り、キャッシング詐欺サイトへ誘導する手口が確認されている。

フィッシング対策協議会
http://www.antiphishing.jp/

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応