Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

老人介護保健施設でファックスの誤送信が発生 - 横浜市

横浜市は、介護老人保健施設「コスモス」において、ファックスの送信ミスにより個人情報が漏洩したと発表した。

同施設は、横浜市立脳血管医療センターに併設され、ジャパンメディカルアライアンスが管理している介護保健施設。1月13日に地域ケアプラザへ、利用者の個人情報を記載した「短期入所療養介護利用申し込み決定通知」をファックスする際、関係ない別人へ誤送信した。

送付した資料には、氏名や生年月日、年齢、性別、電話番号のほか、要介護度、医療管理の有無なども記載されており、ミス発生当日にファックスの受信者より連絡を受け、問題が判明した。

横浜市によれば、通常はファックス送信の際、2人で番号を確認して送付することになっていたが、当日は1人で送付していたという。同施設では翌日に個人情報が漏洩した関係者へ謝罪。また受信者に対しても連絡を受けた際に謝罪しており、ファックスの回収を行っている。

(Security NEXT - 2009/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社