Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報がネット上に流出、問い合わせフォームが原因か - 京都の冠婚葬祭会社

冠婚葬祭事業を展開する京都市のセレマは、同社関係者の個人情報がネット上に流出していたことを明らかにした。ウェブサイトに設置された問い合わせフォームの不具合が原因だという。

流出が判明したのは、同社の求人募集や資料請求、プレゼント応募などに申し込んだ50人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスのほか、そのうち12人については学歴や自己PRなども含まれる。1月12日午後1時ごろ、外部から流出を指摘する連絡があり問題が判明した。

同社では、サイトに設置していた問い合わせフォームが流出の原因となった可能性が高いとして、関連ページを閉鎖した。同社では原因や流出経路について調査を進めている。また関係者に対して電話やメールで事情を説明するなど、引き続き対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送