Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年最初のMS月例セキュリティパッチ、深刻度「緊急」が1件

マイクロソフトは、2009年最初の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。今回は最大深刻度「緊急」が1件のみとなっている。

今回公開された「MS09-001」は、バッファオーバーフローやパケットの検証処理における脆弱性など、「Microsoft Server Message Block(SMB)」のプロトコルに存在する脆弱性を解消したもの。

攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されたり、サービス拒否が発生するおそれがある。最大深刻度は「Windows XP」などでは「緊急」、「Windows Vista」では「警告」となっている。

パッチは3種類の脆弱性へ対応しているが、そのうち1種類については悪用コードが公開されている。同社では公開されているコードについて現時点ではサービス拒否が発生する可能性はあるものの、「機能する可能性は低い」と分析している。

同社ではパッチの適用だけでなく、ファイアウォールの設定により解放するポートを制限するなど外部からの接続を制限することでもネットワークを保護できるとして対策を求めた。

また今回のセキュリティ更新プログラムの公開にあわせ、悪意のあるソフトウェアの削除ツールの更新バージョンについても提供が開始されている。

2009年1月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、定例外で2件のアップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正