Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子入札システムの開札手続用ICカードが所在不明に - 横浜市

横浜市は、電子入札システムで使用するICカードを紛失したと発表した。すでに失効手続きは完了している。

紛失したのは、電子入札システムにおいて、市職員が開札手続などを行う際に利用するICカード。6枚あるうちの1枚について所在がわからなくなった。11月19日に紛失へ気が付き、同市では11月20日午前中に失効を申請、同日午後に地方自治情報センターにおいて失効が完了した。

開札にあたっては、ICカードの職員証と電子入札用ICカードが必要で、職員以外が開札を行うことは難しく、さらにパスワードが必要なことから、同市では不正利用の可能性は低いと説明。履歴を確認したところ、11月10日以降に使用された形跡もなかったという。

ICカード使用簿に記載漏れがあり、使用後に保管場所へ戻されていなかったことから、同市では管理の徹底や責任者による枚数の確認など再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市