Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、配信システムの不具合で一部電報が配達遅延 - 現在は回復

NTT東日本の電報配信システムに不具合が発生し、326通に配達遅延が生じたことがわかった。予備システムに切り替えて、現在は通常通り運用されている。

同社によれば、11月13日午後2時6分ごろ電報配信システムに不具合が発生し、電話やファックスで受け付けた電報のうち326通について、通常通り配達できない障害が発生した。

同社ではこれを受け、17時12分ごろ予備システムへの切り替えを実施し、翌日の午前1時13分ごろに回復した。不具合の原因については調査中だという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ITパスポート試験、システム障害で中止に - 振替受験を実施
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
就職情報サイト「マイナビ」、応募者データのDL機能に不具合
全銀システムが復旧、未処理分や12日分の処理も完了
全銀システムで障害、一部銀行で他行宛振込処理が遅延
ファイルサーバで障害、一部住民サービスに影響 - 泉南市
港内で運用するターミナルシステムがランサム感染 - 名古屋港
人事労務システム障害、給与システムを順次提供 - MKシステム
NTT西の固定電話で一時通信障害 - ネット接続は影響なし
未知の脆弱性で生じた通信障害、NTT東西に行政指導