Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザー認証技術「OpenID」の普及を目指す団体が発足 - 32社が参加

ユーザー認証技術「OpenID」の普及を目指す「OpenIDファウンデーション・ジャパン」が設立された。

野村総合研究所や日本ベリサイン、シックス・アパートが発起人となり、米国に本部があるOpenID Foundationの日本支部として公認を受け、10月1日に日本法人として発足したもの。会員として国内企業計32社が参加し、東京大学大学院教授の須藤修氏、慶應義塾大学教授の國領二郎氏、中央大学大学院教授の杉浦宣彦氏がアドバイザーを務める。

同団体では、OpenID技術の日本語化やガイドラインの策定のほか、セミナーや講演会など普及啓発活動を展開していく計画で、実証実験や日本による追加仕様の検討なども予定しているという。

またアイデンティティ管理コミュニティ「リバティ・アライアンス」の日本SIGとパートナーシップを結び、規格の連携や相互運用についても検討していく。

(Security NEXT - 2008/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協