Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンシューマー向けセキュリティソフトに新技術「Active Protection」を提供 - マカフィー

マカフィーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィー2009」シリーズへ、不正プログラムの高速検出を実現する新技術「Active Protection」の提供を開始した。

同技術は、定義ファイルの更新情報をリアルタイムに提供するもので、「マカフィー・ウィルススキャンプラス2009」「マカフィー・インターネットセキュリティ2009」「マカフィー・トータルプロテクション2009」へ提供される

定義ファイルを使用する方法では、脅威の発生から定義ファイルが更新されてPCが保護されるまで数時間から数日のタイムラグが生じるが、新技術では、マルウェアの検出時に更新情報をリアルタイムで受信するため、最新の不正プログラムにも迅速に対応できるという。

同技術は今後数カ月にわたり、製品ユーザーに対して自動アップデートで無償提供される。同社サイトからのダウンロードも可能。

また同社では今後、CD/DVDドライブを搭載していない小型PC向けに、SDカードによりセキュリティ製品を供給していくことを明らかにしている。

(Security NEXT - 2008/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー