Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Serverサービスの脆弱性を狙う「WORM_GIMMIV.A」を確認 - トレンドマイクロ

WindowsのServerサービスに存在する脆弱性「MS08-067」を攻撃するワーム「WORM_GIMMIV.A」が発生している。

トレンドマイクロが伝えたもので、セキュリティ更新プログラムが定例外で公開された24日に、脆弱性を利用するウイルスにより「TSPY_GIMMIV.A」へ感染する被害がオランダや米国など複数国で発生していた。

同社では詳細を調べていたが、「TSPY_GIMMIV.A」への感染は「WORM_GIMMIV.A」の活動であることが25日に判明したという。同社では「WORM_GIMMIV.A」について危険度は「低」としながらも、ワーム感染やファイルのダウンロード、レジストリの改変など行い、ダメージ度、感染力のいずれも「高」に設定している。

また、シマンテックをはじめとするセキュリティベンダー各社も「Trojan.Gimmiv.A」などとして同様に感染を確認したと公表している。

一方マイクロソフトでは、脆弱性を悪用するコードが公開され、標的型攻撃が発生していることについては28日のアドバイザリで認めているものの、ワームの発生については否定している。

(Security NEXT - 2008/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開