Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チューニング不要の中堅中規模企業向けWAFをリリース - Imperva Japan

Imperva Japanは、ウェブアプリケーションやデータベースを保護する中堅中規模企業向けウェブアプリケーションファイアウォール「SecureSphere SE」を11月1日より提供開始する。

同製品は、ホワイトリスト、ブラックリストを組み合わせて利用する中堅中規模企業向けウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。同社より定義ファイルが配信されるため手作業によるチューニングや設定が不要。

データの利用パターンなどアプリケーションのふるまいを学習して、セキュリティポリシーを自動更新する「ダイナミックプロファイリング」を搭載。利用状況を分析する際もアプリやデータベースの変更は不要で、「トランスペアレントインスペクション機能」によりギガビット単位のトランザクションをミリ秒以下の遅延に抑えたという。

(Security NEXT - 2008/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出