Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JOGMECのウェブサイトがSQLインジェクションで改ざん - 不正サイトへの誘導

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)のサーバがSQLインジェクションにより改ざんされていたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがあるという。

同機構が提供するバーチャル金属資源情報センターや休廃止鉱山情報、法人文書ファイルなど、各検索サービスサイトのほか、英文ホームページの問い合わせサービスが改ざん被害にあったもので、不正アクセスを受けた7月27日から同機構が被害に気が付いた9月4日まで改ざんされた状態だった。

バーチャル金属資源情報センターや休廃止鉱山情報の検索サービスでは、不正サイトへ誘導するよう改ざんされており、利用者がウイルスへ感染するおそれがあった。また問い合わせサービスについては不正サイトへの誘導はないものの、意図しないプログラムが置かれていた。

感染するおそれがマルウェアは、「BKDR_AGENT.AKMI」「BKDR_BLAZGEL.I」「TROJ_AGENT.IUK」「TROJ_AGENT.GUO」「TROJ_FAKEGINA.AB」「TSPY_AGENT.ISN」など、バックドアやトロイの木馬が6種類に及んでいる。

同機構ではウェブサイトを通じて9月18日より注意を呼びかけていたという。今後は一部サービスについてセキュリティ強化を理由に提供を当面停止する。

(Security NEXT - 2008/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始