Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローカル環境の診断にも対応した脆弱性診断サービス - KCCS

京セラコミュニケーションシステムは、ASP型脆弱性診断サービスの最新版「SecureOWL Version2.0」の提供を開始した。

同サービスは、サーバやネットワーク機器の脆弱性診断を提供するASPサービス。同社データセンターに設置されたポータルサイトから診断予約を行い、診断結果はウェブ上から確認できる。診断は24時間体制で提供され、契約期間中は何度でも診断が行える。

最新版では、ローカル診断機能を追加。脆弱性診断機器「nCircle IP360」を顧客のイントラネット内に設置することで、ローカルIPに対して脆弱性診断を実施することが可能。1500種類以上のOSと5100種類以上のアプリケーションの利用状況が確認できるとともに、対象機器の脆弱性リスクが把握できる。

このほか、従来のPDFにくわえCSVでのレポート出力が行えるCSVレポート出力機能を追加しており、診断データの2次加工やネットワーク管理システムとの連携が容易になった。価格は、50IPで年額126万円から。

(Security NEXT - 2008/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec