Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログが残らず、検知も難しい新手のSQLインジェクション攻撃が発生

IDSやIPS、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)などで対応が難しい新手のSQLインジェクション攻撃が発生した。ラックによれば実被害も確認されているという。

ラックの研究機関であるサイバーリスク総合研究所のコンピュータセキュリティ研究所が、今回注意喚起を実施したもので、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」でも9月30日早朝に攻撃を検知した。同社によれば、すでに被害にあったウェブサイトも確認されているという。

問題の攻撃は、CookieにSQLインジェクション攻撃を埋め込む手口。Cookieを利用するためウェブサーバのログに攻撃の痕跡が残らず、IDSやIPSでも定義されていないことから検知できない可能性があるという。また、攻撃そのものにもIDSやIPSの検知を避ける細工が施されている。

攻撃元のIPアドレスは中国国内のもので、いずれもASP(Active Server Pages)によるウェブアプリケーションを狙ったものだった。脆弱性を攻撃された場合は、スクリプトが埋め込まれ、不正サイトへ誘導されるおそれがあり、脆弱性を攻撃するマルウェアがダウンロードされる。

同社では攻撃元のIPアドレスやドメインを公開。こうしたIPアドレスからの攻撃や、不正サイトへのリンクなどが埋め込まれていないか確認し、ファイアウォールによるアクセス制限を実施したり、ウェブアプリにおける脆弱性の有無を確認しておくなど、被害の防止対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始