Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報紛失で県立高校教諭を懲戒処分 - 千葉県教育委員会

千葉県教育委員会は、生徒の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失した県立高校の教諭に対し、懲戒処分を実施した。

紛失したのは個人所有のメモリで、生徒の調査書データおよび教科の成績などが保存されていた。メモリの管理が不十分であったことから、8月23日から26日の間に紛失。同県教委ではこれを受け、同教諭に対し戒告の懲戒処分を決定したという。

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町