Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

時事通信のメルマガで一部読者のメールアドレスが流出

時事通信社において、9月8日にメールマガジンの配信ミスが発生し、登録読者20人分のアドレスが流出していたことがわかった。

誤送信が発生したのは、同社の携帯サイト「時事通信ニュース」で提供されている「時事無料メルマガ」サービス。読者95人に対して、ほかの読者20人のメールアドレスが記載された状態で配信されたという。

原因はメール配信システムの設定ミスで、同社では事故判明後に設定を修正した。今後は配信設定の二重チェックを実施するなど再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース