Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市、本人の同意なく生活保護受給者の個人情報を業者に提供

静岡市は、生活保護受給者の同意を得ず、個人情報を賃貸保証会社に提供する漏洩事故が発生したことを明らかにした。

7月末に受給者が契約している賃貸保証会社より連絡が福祉事務所にあり、家賃の滞納や家屋の明け渡しなどトラブルが生じているとして契約者の受給者と連絡を取りたいとの希望を受け、本人の同意を得ずに職員が携帯電話の番号を教えたという。

同市では、職員や上司などが電話や訪問により繰り返し謝罪したという。同市では研修の実施やマニュアルを作成して再発を防止したいとしている

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
筆耕者が卒業証書の写真をインスタ投稿、匿名電話で判明 - 東京都
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
予約フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能 - 滋賀レイクス