Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルス検索エンジン「VSAPI」最新版が公開中止に

トレンドマイクロは、同社のウイルス対策製品全般に搭載されているウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.9」について公開を中止した。今後の公開予定は未定となっている。

「VSAPI」は、同社が配信するパターンファイルを利用し、ウイルスをはじめとする不正プログラムの検出や駆除を行うモジュール。最新版では、平常時のメモリ使用量を最大70%削減したとして、8月4日より公開されていた。

一部環境において同エンジンを利用した場合に、不具合が発生することが判明したもので、同社では16日に公開を中止。19日より順次開始する予定だったActive Updateによる提供についても延期した。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化