Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

更新料無料のセキュリティ対策ソフトにパッケージ版 - キングソフト

キングソフトは、セキュリティ対策ソフト「Kingsoft Internet Security U」のパッケージ版を9月12日より発売する。3ライセンス版と5ライセンス版を用意しており、価格はそれぞれ2980円、4880円。ダウンロード版については6月より提供を開始している。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策を行う「Kingsoft Antivirus U」をはじめ、パーソナルファイアウォール「Kingsoft Firewall U」、セキュリティ診断ソフト「Kingsoft Security care U」で構成されているセキュリティ対策ソフト。

ウイルスの検出については、定義ファイルやヒューリスティック機能に加え、不審ファイルについてユーザーの許可のもと同社へリアルタイムに転送、解析した上で必要に応じて定義ファイルへ反映する「オンライン信用認証機能」を搭載した。

さらにOSが起動する前にウイルスを駆除する「ブートクリーン技術」や、インターネット上のホームページにアクセスする際に、ウイルスや悪意のあるプラグインを監視する「ウェブディフェンダー」を搭載している。

また「セキュリティ診断・修復機能」を搭載しており、マルウェアやシステムの脆弱性、ウイルス、疑わしいファイル、未知のファイル、スタートアップ項目の過多など診断を実施し、修復できるほか、マイクロソフトのセキュリティ更新プログラムを自動的に導入する「自動脆弱性修復」を装備している。

キングソフトの「Kingsoft Internet Security U」

キングソフト
http://www.kingsoft.jp/

(Security NEXT - 2008/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース
「Firefox 96」がリリース、脆弱性18件を修正 - CSRF対策も
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
個人情報含む請求書を別の団体へ誤送付 - 岩手県予防医学協会
「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
「WordPress」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因