Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIがウェブメールを再開 - メール漏洩事故の原因は設定ミス

KDDIは、不具合が確認され、7月25日より一時サービスを停止していたインターネット接続サービス「au one net(旧DION)」のウェブメールサービスについて、原因が判明し、修正が完了したとしてサービスを再開した。

サービス停止のきっかけとなった不具合は、利用者の送受信したメールやアドレス帳などの内容が別の利用者より閲覧できる状態となったもので、利用者の指摘を受けて同社ではサービスを停止し、原因の究明を進めていた。

同社によれば、事故の原因は2007年12月19日にシステムを改修した際の設定ミスで、例外的な処理が発生した場合に不具合が生じたという。ウェブメールは、18万5290ユーザーが利用しているが、ログが残存する2008年4月24日から7月25日まで調べたところ、問題を指摘したユーザーを含む3ユーザーに影響が出ていた。

同社では、システムの不具合を修正し、8月14日よりサービスを再開。また事故の再発を防止するため、不具合を検知し、誤った閲覧を防止する機能を追加している。

(Security NEXT - 2008/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示