Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺で預金だまし取った男性が逮捕 - 被害は1300万円

警視庁は、フィッシング詐欺により預金をだまし取った松山市の無職男性を、不正アクセス禁止法違反や電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕した。

同容疑者は、イーバンク銀行やゆうちょ銀行などインターネットバンキングを偽装したメールを送信。フィッシングサイトへアクセスさせ、IDやパスワードを詐取、預金を不正に操作していた。被害額は約1300万円に上ると見られており、警視庁では捜査を進めている。

IDの詐取などを目的としたフィッシングメールはたびたび出回っている。2月から3月にかけてイーバンク銀行やゆうちょ銀行を偽装するメールも確認されており、両行やフィッシング対策協議会では、被害に遭わないよう注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を