Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でもカード情報を自動音声で詐取する「ビッシング」が発生

NTTコミュニケーションズは、電話で同社を装い、個人情報を聞き出す「ビッシング詐欺」に注意を呼びかけている。

問題となっている電話は、料金が未払いなどとして、女性による自動音声が流れ、クレジットカード情報などをダイアルボタンで入力させ、詐取するというもの。同社では電話のガイダンスを利用した料金の支払い催促は行っておらず、不用意にクレジットカード番号など入力しないよう注意喚起を行っている。

電話の自動音声を利用した詐欺は、2006年ごろに海外で攻撃が確認されており、「ビッシング」と呼ばれている。米国では2008年6月に再び増加傾向としてセキュリティベンダーが警告を発していた。

また情報の詐取とは異なるが、国内では2007年11月ごろに、NTT東日本を装って自動音声と有人を組み合わせた「料金返還詐欺」が発生している。

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中