Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SonicWALL Email Security」が配信不能通知を偽装する迷惑メールへ対応

ソニックウォールは、メールセキュリティアプライアンス「SonicWALL Email Security」の最新ファームウェアを提供開始した。

今回提供が開始された「SonicWALL Email Security 6.2」では、「BATV(Bounce-Address-Tag-Validation)」機能を搭載。配信不能を通知するシステム管理者やメールサーバから返信を装った迷惑メールへ対応した。

同機能では、送信メールにプライベートキーを使ったタグを付与することで、配信不能として通知されたメールが正規のものか、不正メールか判定を行う。

また、異なる文字セットを装ったり、不正使用を判別する「言語検出機能」を強化し、あらたにオランダ語やフランス語、スウェーデン語へ対応。また「パフォーマンスモニタリング機能」では、稼動状況を視覚的に把握できるようになった。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ブラックライトで発色する「見えないスタンプ」 - 迷惑行為抑止でテスト販売
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化